保険は適切か皆さんの中には、この先、保険の見直しをすることをお考えの方もおられるのではないでしょうか? そのような場面では、現在の保険料負担は適切なものかどうか、チェックすることも大切です。主契約や特約の保障を手厚くし過ぎて、いわゆる「保障太り」の状態になっていると感じたら、無駄な保障を削って保険料の負担を軽くしましょう。

そのように、保険料の負担について見直しをする場合、「延長保険」または「払済保険」で継続するか否かも検討するべきポイントとなります。その内、延長保険を利用する場合、現在加入中の保険の保障金額は変更せず、保険期間だけを短縮することとなります。延長保険の利用により、保険料の負担が軽くなるというメリットがあります。こちらの方法では、古い保険を解約して得た返戻金を元手として、解約前の保険と同額の新たな保険に入り直すこととなります。ただし、特約を付帯していた場合には、それが消滅してしまうという点に注意する必要があります。

また、払済保険による継続では、保障額が減額しますが、保険期間は元のまま維持されます。こちらも、延長保険を利用する場合と同じ原理の方法で、積み立てた解約返戻金を利用するほか、特約が消滅します。