大原則となる事柄

保険の見直しは、やみくもに取り掛かっても、なかなか思うようにことが運ばないものです。そのような問題を解決するためには、然るべきポイントを事前に押さえておくことが大切になります。

まず、保険見直しの大原則として、どのような経済的リスクに備えたいのか、いくらの保障金額が、いつまで必要なのかという問題を、今一度じっくりと考え直すことから始めましょう。例えば、死亡保険に加入中の人は、加入した当初と現在で、必要な保障額に違いが生じていないか、チェックすることをおすすめします。子どもが成長した、住宅ローンの残債が減って来た、妻が再び働き始めたなど、ライフステージに変化があった時は、保障金額を見直すべきタイミングとなります。

なお、結婚や出産、離婚、転勤など、人生の節目では、何かと慌ただしいものです。そのような時に保険の見直しを行なうと、気持ちが焦って冷静な判断をすることが難しくなってしまいがちです。したがって、ライフステージに変化が訪れようとしている時には、早め早めのタイミングで保険の見直しをしておくことをおすすめします。また、一口に「保険」と言っても、商品のクオリティは、それぞれの保険会社によって違いがあるので、保険の相談サービスなども利用しながら比較・検討を入念に行なうことが大切です。