大原則となる事柄

保険の見直しは、やみくもに取り掛かっても、なかなか思うようにことが運ばないものです。そのような問題を解決するためには、然るべきポイントを事前に押さえておくことが大切になります。

保険見直そうまず、保険見直しの大原則として、どのような経済的リスクに備えたいのか、いくらの保障金額が、いつまで必要なのかという問題を、今一度じっくりと考え直すことから始めましょう。例えば、死亡保険に加入中の人は、加入した当初と現在で、必要な保障額に違いが生じていないか、チェックすることをおすすめします。子どもが成長した、住宅ローンの残債が減って来た、妻が再び働き始めたなど、ライフステージに変化があった時は、保障金額を見直すべきタイミングとなります。

なお、結婚や出産、離婚、転勤など、人生の節目では、何かと慌ただしいものです。そのような時に保険の見直しを行なうと、気持ちが焦って冷静な判断をすることが難しくなってしまいがちです。したがって、ライフステージに変化が訪れようとしている時には、早め早めのタイミングで保険の見直しをしておくことをおすすめします。また、一口に「保険」と言っても、商品のクオリティは、それぞれの保険会社によって違いがあるので、保険相談のサービスなども利用しながら比較・検討を入念に行なうことが大切です。

気を配るべきポイント

保険見直し延長保険・払済保険による継続では、いずれの場合にも、加入している保険の保障内容を活かして見直しをすることができるというアドバンテージがあります。ただし、再び保険に加入するにあたっては、もう一度健康告知が必要になるという点に気をつける必要があります。そのような場面では、健康状態によっては、再加入を断られることがあるので、日常的な健康管理に気を配ることが大切な条件になります。

保険の見直しにあたって、新しい商品は魅力的に見えるものです。しかしながら、今の保険を不用意に解約すると、予定利率が低下したり、解約返戻金が減額したりと、大きな損失をこうむる可能性もあります。そういった事情を踏まえると、今の保険を残すか、新しい保険に入るかという問題に迷った場合、基本的には今ある保険を活かすのがおすすめの方法と言えます。

また、保険の見直しをしようと考えて、実際に取り掛かってみると、意外に難しいことお分かりになるでしょう。例えば、保険料を安くしようという気持ちばかりが強いと、保障のグレードが下がり過ぎてしまいます。また、新しい保険に入り直そうという場面では、どの商品を選ぶかという問題が生じて来ることとなります。

現在の保険料は適切?

保険は適切か皆さんの中には、この先、保険の見直しをすることをお考えの方もおられるのではないでしょうか? そのような場面では、現在の保険料負担は適切なものかどうか、チェックすることも大切です。主契約や特約の保障を手厚くし過ぎて、いわゆる「保障太り」の状態になっていると感じたら、無駄な保障を削って保険料の負担を軽くしましょう。

そのように、保険料の負担について見直しをする場合、「延長保険」または「払済保険」で継続するか否かも検討するべきポイントとなります。その内、延長保険を利用する場合、現在加入中の保険の保障金額は変更せず、保険期間だけを短縮することとなります。延長保険の利用により、保険料の負担が軽くなるというメリットがあります。こちらの方法では、古い保険を解約して得た返戻金を元手として、解約前の保険と同額の新たな保険に入り直すこととなります。ただし、特約を付帯していた場合には、それが消滅してしまうという点に注意する必要があります。

また、払済保険による継続では、保障額が減額しますが、保険期間は元のまま維持されます。こちらも、延長保険を利用する場合と同じ原理の方法で、積み立てた解約返戻金を利用するほか、特約が消滅します。

保険見直しの際には

保険現在加入している保険を見直す場合には、保険料の負担が適切かどうかという問題にも気を配りたいものです。保障金額が多過ぎて、家計を圧迫しているなら、余計な保障をカットして、保険料を安くすることが可能です。そのような場面では、「延長保険」あるいは「払済保険」で継続することも検討しましょう。それらの方法を実践すると、どちらの場合にも、加入中の保険の保障内容を活かした見直しが可能となります。ただし、再加入に際しては、再度の健康告知が必要なので、その点は注意する必要があります。

保険見直しの際、新しい商品は魅力的に映るものですが、だからと言って、加入中の保険を不用意に解約すると、大きな損失が出るリスクも存在します。したがって、現在加入している保険を残すか、新たな保険に入るか迷った場合、基本的な考え方としては、今の保険を活かすことをおすすめします。また、いざ保険の見直しに取り掛かると、意外に難しいとお感じになることでしょう。そのような場面では、保険料と保障グレードのバランスを考えたり、新しく加入する保険の商品を選んだりするために、それなりのエネルギーや時間が掛かるものです。

ここでは、保険の見直しをしたいとお考えの方のために、役に立つ情報をいろいろとお届けしてまいります。皆さんの中で、保険見直しの際に押さえておくべきポイントが分からず、お困りの方は、これからご提供する情報を参考にしていただければ幸いです。